ED治療薬は勃起不全などの症状に悩む男性にとっては非常に重要な存在であるといえます。
飲み薬として利用することによって必要なタイミングで勃起不全の症状を抑制することができるため、世界中で活用されている治療薬として普及しています。
パートナーとの良い関係性を維持するために欠かせないものになる場合も少なくありません。
そのような薬をどのように入手することができるのかについては必要な知識を身に付けておくことがおすすめです!

ED治療薬はAmazonでは買えないの?

ED薬購入について悩んでいる男性

まずED治療薬として最も知られているのはバイアグラです。
この薬の知名度は非常に高く、EDに悩んでいない人であっても名前ぐらいは聞いたことがあると言えるでしょう。

このような薬を必要としているのであれば、一般的には病院に行って専門の医師に相談する必要があります。
最近では様々な飲み薬がドラッグストア等で購入することができる環境になってきていますので、そのような感覚で簡単に購入したいと考えている人にとってはややハードルが高いものであると言えるでしょう。
しかしながらこのような仕組みになっているということを理解しておく必要があります。

街のドラッグストアで購入することができないと言う事は、日本の法律によってED治療薬の扱い方が決まっているということを意味しています。
具体的にはバイアグラ、レビトラ、シアリスと呼ばれる薬が日本国内ではED治療薬として認可されていますが、これらの薬については医師の管理下で使うということが大前提とされているのです。

日本の流通では認可されていないED治療薬

したがって一般の流通に乗ることがありませんのでED治療薬はAmazonなどのインターネット通販で購入することもできないと考えておいた方が良いでしょう。
これは病院でもらう強い薬が購入できないのと基本的には同じ理由であると理解することができます。
海外ではより簡単に購入することができる国家も少なくありませんが、日本人に対する対応としては医師の判断が必要であろうと考えていると言うことにつながっているのです。

Amazonで購入することができませんので、当然通販サイトである楽天でも条件は同じです。
日本の法律によって流通させることができないものであると考えておきましょう。
実際に使用上の注意がある薬であると言う性質がありますので初めて利用するのであれば病院で医師の相談を受けると言う手順を踏んでおいた方が安全です。

飲みあわせによっては命に危険が及ぶ可能性がある薬であるということを知っておくことも大切であると言えるでしょう。
全く知識がないのであれば一度は病院で相談をして自分の症状に対してどの程度の使用量が適切であるのかについて専門的な意見を聞くということも大切です。
このような薬であると言う事実については知っておいた方が良いといえます

ED治療薬は通販なら「個人輸入代行」サイトが便利

PCで個人輸入のイメージ

日本の法律によって規制を受けている医薬品としてのED治療薬は通販サイトで購入することができるものではありません。
そして海外で医薬品として扱われている商品を通販業者が自由に販売することもできない仕組みが日本には存在しています。

そのためAmazonのような大手流通会社を通じて ED治療薬を購入するということができないというのは事実です。
しかしながらそのような通信販売ではなく個人輸入と言う形で海外から薬を取り寄せる事については、対応する余地が残っているのが実情です。
それは個人輸入代行と言う仕組みを活用することにより、個人的に海外から薬を取り寄せると言う方法なのです。

個人輸入代行はインターネット上で受け付けているサービスの1つですが、このようなサービスであっても日本で規制を受けているED治療薬の場合には取り扱うことができません。
例えば病院で購入することができる種類のバイアグラについては個人輸入代行サービスを利用することができないのです。

しかしながらバイアグラなどのED治療薬を製造販売している企業から正式に発売されている商品ラインナップの中には、日本の病院では購入することのできない種類のバイアグラ等のED治療薬も存在しています。
それらは日本人向けの薬品としては適当でないと言う配慮から認定されなかった経緯のある薬であり、このような種類のED治療薬を海外から個人的に取り寄せると言う事まで法的な規制が及ぶ状況にあるわけではありません。
このような仕組みを活用するのも1つの方法であると言えるでしょう。

ED治療薬をこのように海外から直接個人輸入として取り寄せる大きな意味としては、そのほうが安い価格で良いで治療薬を入手することができるという特徴があるからです。
このような薬の入手法は違法ではありませんのでインターネット上で購入することができると表現する人もいます。

このような個人輸入によってED治療薬を安い価格で購入することができるということが人によっては大きな助けになる場合も少なくありません。
信頼のおける個人輸入代行サービスを選択して購入を検討するようにしましょう。

日本人におすすめのバイアグラの用量

問診する医師

ED治療薬として最も知名度が高いのはバイアグラです。
非常に実績があるということが知られており、世界中で愛好されています。

日本でも勃起不全の症状を持つ人が病院で相談をすることにより医師が必要と判断をすれば処方してもらうことができます。
この飲み薬が一時的に症状を緩和することにより、精神的な原因を持っているEDについては改善させることができる余地があるとされています。

そうでない場合についても一時的ではある勃起不全の問題を改善することにより様々な問題の解消することができます。
そのようなバイアグラは日本人向けとして25ミリグラム錠と50ミリグラム錠が病院で処方される状況にあります。
これらが選択されているのは日本人向けとしてはこれらが適切であると判断されているためでしょう。

海外の100ミリグラムのバイアグラ

しかし海外では同じバイアグラの正規品であっても100ミリグラム錠が存在しています。
これは日本国内の病院で処方されるバイアグラよりも有効成分であるクエン酸シルデナフィルが多い錠剤となります。

海外ではこのような薬が普通に使われているということを意味するものであると言えるでしょう。
しかしながら日本人にとっては必要以上に有効成分が入っていると考えられているためか流通しているものではありません。

個人輸入代行を使って購入することができるのはこのような種類の薬であると言えるでしょう。
そうため購入した場合も病院で購入することができる種類の錠剤とは異なると言うことをよく理解した上で使わなければなりません。

例えばピルカッターを使うというのは有効な手段の1つです。
これは錠剤を小さくカットすることにより有効活用することができるようにする目的で利用されていることです。
100ミリグラム錠を半分にカットすれば50ミリグラム錠が二個あるとみなすこともできるでしょう。

このような判断をすると非常に安い価格でED治療薬を使うことができるようになるといえます。
健康保険も使えず非常に高価な薬になる傾向がありますので、安い価格でバイアグラを利用できるという点において魅力的であると感じる人もいます。
50ミリグラム錠が適量の人が半分に、15ミリグラム上でも有効であるひとであれば4分の1にカットすれば薬代も節約することができるので非常にオススメできる使い方であると言えるでしょう。