レビトラの通販サイト本物と偽物を見分けるには

偽物を掴まされた男性

インターネット上には医薬品を海外から個人輸入するための通販サイトが多数存在します。
日本で認められていない医薬品でも、個人輸入することは認められています。
個人輸入を行うには関税法や薬事法に基づく複雑な手続が必要です。
しかし個人輸入代行を行っている通販サイトを利用すれば、誰でも簡単に医薬品を購入できます。

レビトラは世界的に人気のある勃起不全の治療薬です。
日本でも多くの愛用者が存在しています。
レビトラを入手するには、病院で処方してもらうか個人輸入を代行している通販サイトを利用する必要があります。
病院で処方してもらう場合は自由診療なので保険が適用されません。
そのため医療機関によって価格に違いがあります。
10mgは1500円以上、20mgは2000円以上になるのが相場です。

病院でレビトラを処方してもらう場合には、偽物を購入する心配をせずに済みます。
また副作用などについて医師の指導を受けることで安全に服用できます。
病院では1錠から処方してもらうことも可能です。
コストを抑えたい場合には通販サイトを利用することになりますが、偽物も多く流通しているので注意が必要になります。

正規に製造されているレビトラは5mgと10mg、20mgの3種類が存在します。
5mgは効果が弱いので、一般的にはあまり流通していません。
病院や通販サイトを通して入手できるレビトラは10mgと20mgが一般的です。
レビトラの効果は体質や体調によって違いが出てきます。
購入した錠剤が大き過ぎる場合には、ピルカッターでカットして服用します。

レビトラの偽物には100mgの錠剤が多く見られます。
正規に製造されているのは5mgと10mg、20mgの3種類なので、通販サイトで100mgを見かけた場合には避けた方が賢明です。
パッケージから本物と偽物を見分けるのは難しいため、通販サイトで購入する場合には信頼できるサイトを選ぶ必要があります。
通販サイトを選択する際には、インターネットの口コミやサイトに投稿されたユーザーのレビューなどを参考にします。

レビトラの効果

レビトラにはペニス周辺の血管を拡張する効果があります。
血管が拡張されることで血流量が増え、勃起しやすくなる仕組みです。
直接的に性欲を高める効果はありません。
性行為の1時間前に水で服用します。
アルコールで服用しても問題はありません。
適量の飲酒であればリラックスできるため、レビトラの効果が高まります。
過度の飲酒は効果を弱めるので注意が必要です。

他の勃起不全の治療薬では食事によって効果が弱くなるものがあります。
しかしレビトラの場合は食事による影響をあまり受けません。
食事による影響は軽微ですが、なるべく空腹時に服用すると効果的です。
即効性があるので服用から20分ほどで効き始めます。
効果が最大になるには40分から50分の時間が必要になります。
性行為の1時間前に服用しておけば、確実な効果を期待できます。

効果の持続時間は用量によって違いがあります。
10mgの場合は効き始めから5時間ほど持続します。
20mgの効果時間は効き始めから10時間ほどです。
効果時間は体質や体調によって個人差があります。
またレビトラには軽度の副作用を伴います。
副作用は4時間から6時間ほどで回復するのが一般的です。

レビトラの副作用は血管拡張効果に由来しています。
めまいや顔のほてり、頭痛、動悸などの症状が見られます。
症状は軽度ですが、長時間経過しても治まらない場合には医師の診断を受ける必要があります。
硝酸剤など併用禁忌薬を一緒に服用すると、副作用が強くなるので注意が必要です。

レビトラには軽度の副作用が伴いますが、基本的には安全に勃起不全の治療ができます。
偽物も多く流通しているので、不安な場合には病院で診断を受けるのが合理的です。
個人輸入を行えばコストを抑えることができますが、通販サイトの信頼性やレビトラの副作用、併用禁忌薬などに注意する必要があります。
通販サイトの信頼性を判断する場合には、口コミなどの他にもクレジットカード決済や電話対応の可否、サイトの日本語表記の適切さなどを確認します。